整理収納のやさしい進め方 ~将来の子供部屋~(1)

整理収納アドバイザーに挑戦中のともちんです!

先日大掛かりな片付けをしました。

我が家の収納の実作業をした一連の流れをご紹介いたします。

まず収納の基本は、収納スペースに仕舞い込むことではなく不必要なモノを取り除くことからスタートします。

お見苦しい写真を失礼します(^_^;)これが作業前のBeforeです。

実はこの部屋、将来の子供部屋になる予定です。息子は1歳なのでまだまだ先ですが。

【Before】

子供部屋ビフォー

 

モノが溢れていて足の踏み場もない状態です。

小さな子供が居るとなかなか片付ける余裕がなくて(;´∀`)

気がつけばこのような物置部屋状態になっていました。

洗濯物は普段から部屋干しすることが多いのでやらせではありません(笑)

子供部屋ビフォー2

無印の収納棚の上には電化製品の空箱を置いていました。

取り敢えず空いてるところに仕舞うという状況でした。

子供部屋ビフォー3

収納扉の前にベビーカーが置いてあり、モノで溢れていて扉を塞いでしまっています。

子供部屋ビフォー4

夫のリクエストで、『収納スペースの前や上にモノがあって取り出すのが億劫だからなんとかして欲しい』とお願いされました。

子供部屋ビフォー5

大変ですが、ひとまず部屋の中にあるモノを全て取り出します。

クロゼットや引き出しの中にあるもの全部です。

作業途中はこのような状態になります。この時が一番酷い状況ですね。

まるで引っ越し途中のようです。

そして『よく使う』『時々使う』『迷い』『使わない』の4つに仕分けしていきます。

作業を少しずつ分割して行ったので、写真が複数枚になり加工して繋げています。

見づらくてごめんなさいm(__)m本来なら一度にするのが理想です。

この分ける基準ですが、私は1年以内に使ったかどうかで判断しています。

まだ使うかも?と迷った場合は『迷い』のカテゴリにします。壊れていなくても使わないモノはひとまず取り除きます。

この作業にはとても時間がかかります。今の自分や家族にとって本当に必要なモノなのか?見極めるのに迷ってしまうからです。

そして家族の持ち物は勝手に捨ててはいけません。必ず同意を得るようにします。

時間がかかるけど整理をする過程で、このモノの仕分けはとても大切な作業です。

進めていくと色んな気付きがありました。

続きは次回にお話しますね( ^ω^ )

facebookページ作りました( ◠‿◠ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です